アクセスランキング


ロシア人、酒の代わりに入浴剤を飲んで49人が死亡…

1: 名無しさん@すっぴん速報 2016-12-20 14:52:45 ID:

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-00000003-jij_afp-int

 メタノールは不凍剤などに用いられるアルコールの一種。問題の液体は、サンザシの香りの入浴剤と表示され、ボトル1本が40ルーブル(約76円)で販売されていた。地元検察当局者の話では、同製品を飲んだ人は判明しているだけで57人おり、うち49人が死亡、残る8人も重症だという。


no title





0: スレの途中ですがすっぴん速報がお勧め記事をご紹介致します 2015/03/4 21:15:51 ID:suppinsokuhou




3: 名無しさん@すっぴん速報 2016-12-20 14:54:11 ID:

いや、最初に飲んで広めたやつだれだよ


2: 名無しさん@すっぴん速報 2016-12-20 14:53:26 ID:

76円で命を…


6: 名無しさん@すっぴん速報 2016-12-20 14:59:15 ID:

その前に味が気になるんだけど。美味しいの?


8: 名無しさん@すっぴん速報 2016-12-20 15:10:16 ID:

今なら言える

おそロシア


4: 名無しさん@すっぴん速報 2016-12-20 14:56:56 ID:


こういう話もあるからねww


”大阪府堺市の大阪刑務所堺拘置支所で、男性受刑者数人が、手指の除菌を行うアルコール消毒剤と、食事に出たお茶やオレンジジュースなどを混ぜた“オリジナルカクテル”を作り、房内で酒盛りをしていたことが6日、大阪刑務所への取材でわかった。同刑務所では調査を進めているが、「消毒用をまさか飲むとは思わなかった」とあきれている。

 自身も刑務所に入った経験のある作家の安部譲二氏(73)は、受刑者が堺拘置支所で消毒用アルコールの“カクテル”を飲んでいた事件について、サンケイスポーツの取材に「オレが刑務所に入っていたのは、昭和54年までなので40年近い前のことだけど」と断りながら、「当時の連中はヘアトニックを飲んだり、(シンナー代わりに)マジックインキをかいだりしていた」と振り返った。
 なかでも受刑者仲間が軽作業などで医務室に出入りできるときは、「消毒用のアルコール盗んでくるよう頼んでるヤツもいた」という。「たまにアルコール1びん丸ごと盗めたりすると、同じびんの3本分の水で薄めてから、
さらに粉末ジュースを入れて飲む。粉末のなかでも、パイナップル味がいいんだよ」と実際に“飲んだ?”エピソードも話してくれた。
 「刑務所の中なんて、何もすることがないから、どうやってアルコールを盗むかとかばかり考えてる」と“塀の中の懲りない面々”の心理を細かく分析してくれた。 ”


5: 名無しさん@すっぴん速報 2016-12-20 14:57:37 ID:

アル中はこえーな


7: 名無しさん@すっぴん速報 2016-12-20 15:01:45 ID:

もちろん微量だと問題無いんだよね?
入浴剤とか普通にお風呂に入れたら口にちょっとは入りそうだし。

引用元: "http://secrettalk.me/talk/2996"


関連記事
前の記事へ
次の記事へ
すっぴん速報の記事一覧

リアルタイム人気記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント